歌手オーディション突破の3つのポイント

「とにかく歌が大好き!歌うことを仕事にしたい!」

「歌手になりたいけど、きっかけがない・・・」

「オーディションに受からない・・・」

こんなお悩みをもった、若きアーティストの皆さんのために、

・オーディションの選び方
・オーディションの種類
・オーディションの流れ

の3つについて解説します。

オーディションの種類

音楽のオーディションは大きく分けて2種類あります。

・レコード会社主催のオーディション
・プロダクション主催のオーディション

これらのオーディションの違いは、主催元が異なるだけでオーディション内容は同じです。

オーディションは数多くありますが、受けたからといって歌手になれる保証はありません。

デビューするためには、アーティストとしての基礎を身に付けながら、業界とのパイプがあるプロダクションに入ることが、歌手になる一番の近道といえるでしょう。

オーディションの選び方

歌手としてデビューするためにはどこのプロダクションに入るかが重要です。

事務所に入り、歌手として活動している人はたくさんいますが、テレビやメディアにはほどんど出演せず、歌うことに専念する歌手と、メディアにたくさん露出して人気を集める歌手がいます。音楽出版社やテレビ局、レコード会社など広く業界とのパイプがあるプロダクションにはいることが、メジャーデビューするポイントです。

オーディションの流れ

オーディションは、主に以下の3ステップで進められます。

①書類・デモ審査

②面接審査(自己PR・歌唱)

③合否発表

①書類審査

書類審査では「氏名や年齢などのプロフィール」「志望動機」「自己PR」が見られます。毎日大勢の応募があるため、とにかく目にとまる・印象にとまることが大切です。

②面接審査(自己PR・歌唱)

面接審査では「アーティストとしての色」「印象」「差別化」がポイントです。とにかく周りと差別化を図って、審査員の印象に残るように心がけましょう。

合否発表

合格発表はたいてい、2週間以内に、可能性を感じた人にだけ連絡がきます。